グローバル人材育成メディア 英語力ゼロからスラスラ英語が使えるようになるプロセスを大公開 前編【永久保存版】

英語力ゼロからスラスラ英語が使えるようになるプロセスを大公開 前編【永久保存版】

英語力ゼロの方は必見!第二言語習得理論に基づいた学習方法があることをご存知でしょうか?現在、英語習得につまづいている方は、学習プロセスが間違っている可能性があります。本記事では、英語学習の常識の誤解を解きながら学び方の改善方法を公開致します。

英語ができるようになるプロセスが最近の研究でわかってきた。

『英語なんて簡単!』

こんな言葉をよく聞きますが、実はこれ日本人には当てはまりせん。

人気のスクールや、売れている参考書で勉強をしているのに

「実践レベルの英語力がなかなか身につかない」

「そもそも、どう勉強して良いのかわからなくなってきた」

という方が多いのではないでしょうか。

実際に良くある悩み事としては、

どんなテキストを使えば良いのかわからない

  • 効果的な学習方法がわからない
  • 文法はわかるのに会話でうまくいかない
  • リスニングを聴くことができない
  • 発音が重要というけど、どう勉強して良いのかわからない

などが挙げられると思います。

そんな方にお伝えしたいのが「第二言語習得理論」という英語が話せるようになるロジックです。

名前だけを聞くと「相対性理論」のような難しいイメージがわくかもしれません。

しかし、これは近年世界中でグローバル化が進んだ結果、

各国の大学や様々な機関で「どうやったら他言語を効果的に習得できるのか?」

という研究の元、開発された効果的な方法なんです。

まずは第二言語習得理論を使って、日本人がなぜ英語に苦労するのか?を、わかりやすく説明していきます。

第二言語習得理論とは?

第二言語習得理論とは、「第二言語(日本人の場合、英語や中国語など日本語以外の言語)を習得するプロセスに関する理論」です。

私たちが第二言語(英語等)を習得するには、第一言語習得(日本語)とは異なる課題や要因が存在するため、第一言語習得(日本語)とは異なるアプローチが必要になります。

例えば、第一言語である日本語は無意識下で自然に覚えていきます。

これは赤ちゃんの頃から生活環境や言語環境において、自然と大量のインプットとアウトプットを行い日常的に言語を浴びているからです。

その一方で、第二言語はそうはいきません。

なぜなら、母国語である第一言語が自分の基準になると、文法や発音が全く違うにも関わらず、無意識に第二言語に対しても同じように習得しようとしてしまうのです。

これでは、サッカーのルールで野球をするようなものです。

しかし、英語ができないと困っている方のほとんどが、第一言語の時と同じように英語を浴びる方法で学習をしています。

これでは英語が出来なくて当たり前ですよね。

ですので、きちんと英語を学びたければ第二言語用の学習方法を学べば良い、ということになります。

英語力ゼロからできるようになるまでにかかる時間

言語間距離という概念を知ろう!

そもそも日本人が英語をできるようになるまでには、どのくらいの時間がかかるのでしょうか?

まず言語間距離という概念をまず知っていただきたいと思います。

言語間距離とは、文字通り言語同士の距離のことを指します。

「母国語である第一言語(日本語)」から「習得したい言語」の距離が遠いものは習得が難しく、近いものは習得が簡単です。

 


                          
            引用元エースネイティブ発音リスニングスピーチ研究所 https://ace-schools.jp/

図を見ていただくと

英語は左下、日本語は右上にあるので一番遠い位置関係ですね。

つまり、日本人にとって英語は難しい言語なんです。

この言語間距離というものは

「単語や文法、文型の違い、発音の違い等」によって決まってきます。

例えば、韓国語は日本人にとって習得が簡単な言語だと言われており、英語の6分の1の時間で習得できます。

これは韓国語と日本語が似ている言語だからです。

例を出すと
① 韓国語の語順は日本語とほぼ同じ

「主語-目的語-動詞」の型であること。

②発音が似ている単語も多い

「注意 → 주의(発音:ちゅぃ)」

「無料 → 무료(発音:むりょ)」

「有料 → 유료(発音:ゆりょ)」のように似ています。

これに対して英語は、

① 日本語と比べて語順が違う

② 日本語にはない文法表現がある

③ 単語の意味や読み方が違う

という様に、異なる点がたくさんあるので理解するまでに時間がかかります。

では『①の語順の違う』を例にとってみましょう。

「Yesterday, I went to see a movie with my friends.」

そのまま直訳すると

「昨日、私は行った、映画を観に友達と」になりおかしな日本語となるので、

一旦頭の中で日本語に訳したあと、さらに並び順を変換しなければなりません。

つまり、日本語と英語の文法の違いを理解しないと、なにを言っているのか聞き取りにくいのです。

日本人が英語を使えるようになるまでにかかる時間

では、英語はどのくらいの時間をかければ習得できるのでしょうか?

結論、日本人が困らずに英語が使えるようには「2,200~3,000時間」と言われています。

ちなみに学生別の合計学習時間の平均を算出すると

・中学校卒業まで → 約300時間

・高校卒業まで → 約720時間

・大学卒業まで → 約1,000時間

・大学で英語を頑張った → 約1500時間

ということは、そもそも学生時代の勉強時間では日本人に英語はまだまだ扱えません。

つまり、ここまでしっかりと学習してきた人で、さらに「700~1,500時間」程度の学習が必要ということです。

英語だけを1日2時間勉強をしても、約2年かかる計算ですね。

なかなか心が折れそうな日数です。

では、実際に勉強をしていく上で、どのようにすれば効率が上がるのでしょうか?

英語の効果的な勉強法をお伝えする前に、まず4つの誤解について説明していきます。

英語学習における4つの誤解

① 英語をたくさん聞くだけでリスニング力はアップする

「リスニング力をアップしたければ、たくさん英語を聞け!」と言われますが、これは注意が必要です。

基礎力(単語力や文法力等)がない状態で、ただただ英語を聞いてもお経を聞いてるのと同じです。私たち日本人は昔からたくさんお経を聞いていますが、その意味がわかるという方は少ないのではないでしょうか。

これと同じで基礎力が不足している段階でただただ英語を聞くだけでは、リスニング力は伸びません。

学習をスタートしたばかりの方は、まず単語を覚えたり文章を読んで基礎力をつけることに注力しましょう!

② まず発音から勉強しろ

英語学習をする中で、

「発音は重要ですか」

「ネイティブのような発音になりたいけど、どうすれば良いですか」

「発音を意識しすぎるあたり、学習が思ったように進みません」

という方にたくさん出会います。

そんな方に知っていただきたいのは、発音よりも重要なことがあるということ。

さらにネイティブと言ってもオーストラリア、アメリカ、イギリスなど、さまざまな国や都市があり、さらに人種や家族のルーツによってもそれぞれ違う発音や言い回しがあるということです。

さて、ネイティブのような発音になりたいとは、どこの国のどこの都市の発音を目指しているのでしょうか?

また、英語は世界共有の言語になっており、ネイティブ以外の人も仕事や生活の中で英語を使用します。 ネイティブ以外の方ともコミュニケーションが取れる必要があり、その場合、発音も国の訛りによってさまざまなものがあります。

しかし、ここで一番知っていただきたいのは、基礎力(単語力、文法力等)がついていれば、発音が少し違ってもコミュニケーションが取れるということです。

考えてみてください。日本でもたくさんの方言がありますよね。

でも、東北の方と関西の方で会話が出来ない・・・なんてことはありません。

もちろん通じない方言はありますが、日本語力の基礎(単語力、文法力等)がしっかりついていれば、発音が少し違くても円滑なコミュニケーションが取れます。

また、基礎があれば、その都市に住むことで、発音も少しずつ矯正されていきます。

大阪に住むといつの間にか大阪弁が移ってしまい陽気になれる、そんなイメージです。

まずは、しっかりと確固たる英語力の基礎を勉強しましょう。

③ 話せるようになりたければ、とにかく会話しろ(とにかくオンライン英会話をする)

「英語ができるようになりたい!」と、

オンライン英会話からスタートして挫折した方も多いのではないでしょうか?

ずっと英会話をしているけど、

・自分で文が作れるようにならない

・先生が言っていることがなかなか聞き取れない

・伸びている気がしない

などはよく聞く悩みの一つです。

確かに英会話をすることは、とても重要なプロセスの一つです。

しかし、基礎力(単語力や文法力等)が不足している状態でただ会話をしても、文章は作れず言いたいことを話せるようにはなりません。

では何をすればいいのでしょうか?

答えは、簡単です。

知っている単語量を増やし、文法(文の仕組み)を学び、文法の使い方(文の作り方)を習得することです。

しっかりと言いたいことを話せるようになるためには、会話の前にしなければならないことがたくさんあります。

④ ワーホリや留学で英語が話せるようになる

実際に、ワーホリや留学で海外に行き、帰国時に仕事で使えるだけの英語力がついている人は、1~2割だと言われてます。

なぜなら、英語がわからない状態で海外へ行く方が非常に多く、結局『単語を覚えること』や『文法を学ぶこと』に時間を取られてしまい、せっかくの現地での時間を有効に使うことができないからです。

ただやみくもに海外へ行くのではなく、日本国内でやることをやってから目標を持ち、海外へ行くようにしましょう。

そうすることで、海外生活があなたの人生にとって忘れられないほど楽しい経験となります。

絶対にやっていただきたい「日本で渡航前に行った方が良いこと」と「海外で行った方が良いこと」は以下の通りです。

<日本で渡航前に行った方が良いこと>
・インプットをする
 - 単語を覚えたり、文法や文型の学習をする基礎学習は日本でもできます。国内で、できるだけ準備をしてから海外に行きましょう。また、基礎学習をするにあたり、TOEICなどの資格試験を利用することも効果的です。

・目標と計画を立てる
 - 海外に渡航したらどんな経験をしたいのか。渡航後にどのような人生を歩みたいのかを考えて、目標と計画を立てましょう。計画まで落とし込むことで、無駄なく、充実した海外生活が過ごせるようになります。これをしない方は、結局帰国後も何も変化がない方が多いです。

<海外で行った方が良いこと>
・アウトプットをする
 - 日本語環境の日本国内で、アウトプット(実践の会話等)をたくさん行うことは難しいです。しかし、国外に出ると日本語が使えないのでアウトプットがたくさんできる環境になります。英語が話せるようになるには、アウトプットをたくさんすることが重要です。渡航前に十分なインプットを行い、海外では、極力座学の量を減らし、アウトプットの量を多くしましょう。

 -  現地の語学学校はアウトプットも学べる場ではありますが、リアルな実践の場ではありません。英語がなかなかできないと学校に長期で通うよりも、実生活の場で実際に使うことをメインで行うようにしましょう。

・現地でしかできない体験をする
 - せっかく海外にいるのに毎日部屋に閉じこもって勉強するのは時間が勿体無いです。外に出てパーティへ参加したり、店員へ話しかけたりしてリアルな英語を学びましょう。

英語学習を始める前にまず準備すること

まず学習の目的やゴール(目標)を明確にする

英語を学習する上で、ゴールを明確にすることはとても重要です。

学習の目的は

「ビジネス英語ができるようになりたい」

「日常英会話が話せれば問題ない」

など、人それぞれです。

どんなゴールにするか?によって、習得しなければならないレベルや技能は変わってきます。

まずは学習する前に、ゴールを明確にしてからスタートしていきましょう。

英語学習のプロセスも大切!

ゴール設定のあとは、英語の具体的な使用場面を想定しておくことがとても重要です。

使用場面が具体的になれば、身に付けなければならない技能も明確になり、自分に合った効果的な学習方法を考えることができるようになります。

例えば、英語を学習しようとなると、ひとまず英会話から始める人がいますが、これはそもそもの目的に合っているのでしょうか。

先日、「英語ができるようになりたい」と、相談に来られた方がいました。「いま英会話をしているが、目標に近づいている気がしない」とおっしゃるのです。

その方は、「英語力を伸ばす」=「英会話が必要」そう思っているようでした。

しかし、本当にやりたいことをヒアリングすると「海外のメディア媒体から情報を得られるようになりたい」となったのです。

海外メディア媒体から情報を得られるようになるためには、リーディング力(文章を読んで情報を得る)、リスニング力(YoutubeやPodcast等の媒体から情報を得る)が必要です。

つまり、いま学習されている会話力を伸ばしても、ゴールは達成できません。

それよりも必要なプロセスは、リーディング力とリスニング力を伸ばすことだったのです。

あなたの目的に合った学習ができるように、まずは英語を学習する目的やゴールを明確にしてプロセスを組みましょう!

現在の英語力の現在地を把握しよう

学習する目的やゴールやプロセスが明確になったら、次に現在地(今の英語レベル)を確認しましょう。

英語学習で使用する教材は、現状の英語レベルに+1したもの(ちょっと難しいもの)を使用できるのが理想系です。

自分にとって難しすぎず、簡単すぎないものを使用するのが良いです。

難しすぎるものはだんだん嫌になって続きませんし、簡単すぎるものはそもそも力になりません。

きついダイエットや筋トレって続かないんですよね…。

まずは継続できることを意識して、学習前に自分がどのレベルにあるのかを確認していきましょう!

英語力ゼロでも実践的な英語力が身に付く具体的な方法

ここまで第二言語習得理論に基づいた英語の学習方法を解説してきました。

世界では簡単といわれている英語ですが、日本人にとっては難解な言語だということがわかったかと思います。

しかし、そんな日本人でも英語を論理的に身に付けられるのが

第二言語習得理論なんです!

次回は、より具体的に事例を交えたプロセスをお伝えします。

忙しい方に実践してほしい【英語力=時間数×やり方(学習方法)×資質】や【効率的に英語を覚えられるリーディングの方法】などを大公開!!

もちろん、こちらも永久保存版です。

今回の記事と一緒に合わせてぜひ使ってください!

英語力ゼロからスラスラ英語が使えるようになるプロセスを大公開 前編【永久保存版】

 

無料体験実施中!    

英語で失敗したくなくて、いろんな英語学習を試してみた。
独学、オンライン英会話、3ヶ月の英語コーチング。 でも、自分の英語力を伸ばす方法がいまいちわからない。
そんな方にこそ知ってほしくて、「英語がゼロからできるようになるまでのプロセス」を無料で体験していただいております。

執筆者

freer_user

\ お得な体験レッスン /

フリーアの体験レッスンでは、
英語がゼロからできるようになるまでのプロセス」を

1時間無料で体験していただきます!

  • 01

    どこまで英語を勉強
    すればいいのか

  • 02

    リスニング力の
    伸ばし方

  • 03

    オンライン英会話の
    効果的な使い方.etc

体験レッスンを受けていただいた方向けのお得なキャンペーンもございます。
是非日々の英語学習にお役立てください。